aga対策方法は日常生活から!日頃気をつけたいポイントとは?

aga対策方法は日常生活から!日頃気をつけたいポイントとは?


agaを進行させる悪い日常習慣

agaは、日本語では男性型脱毛症と呼ばれる成人男性によく見られる髪が薄くなる症状のことを言います。思春期以降に発症し、額の生え際か頭頂部の一方、または両方から脱毛していくのが特徴です。原因は男性ホルモンの影響や遺伝と考えられています。しかし、体の内側だけの問題ではなく、日常の習慣の悪さも原因の一つとなるため注意が必要です。

症状を進行させる悪い習慣とは、生活習慣の乱れが挙げられます。睡眠不足や睡眠の質が悪いと、髪の毛を作る成長ホルモンの分泌が乱れて頭皮環境を悪くします。食生活の乱れも髪の毛を作りにくくしたり、頭皮の皮脂の分泌を増やすなどの原因となってしまいます。そのほか、シャンプーの仕方が悪いことなども問題です。

aga対策となる日常のケア方法

aga対策となる方法を行うことで、予防できる可能性が高くなります。日常的にできるケア方法としては、生活習慣を整えるということが挙げられます。適度な運動で血行を良くすることで頭皮に栄養や酸素を行き渡らせやすくしたり、アルコールを控えることで髪の毛を作るために必要な亜鉛の消費を抑えるようにする、質の良い睡眠をとることで成長ホルモンの分泌を良くする効果が期待できます。
頭皮環境を整えることも重要です。頭皮を傷つけないように洗浄力の弱いアミノ系シャンプーなどを使って洗髪し、洗い残しがないようにしっかりシャンプーを流す、育毛剤を使うなどをしてケアが効果的です。

また、食生活も頭皮の皮脂を増やさないために油分や糖分をできるだけ控え、栄養バランスの整った食事が頭皮には良いとされています。

agaを京都のスキンクリニックで治療するなら、世界で唯一認められた成分で作られた治療薬を処方する病院もあります。